« 2006年12月 | メイン | 2007年2月 »

2007年1月

ああ失言・・・・・

柳沢厚生労働大臣が「女性は子供を産む機械」なる発言をしたことで、国会はとたんに紛糾しだしました。

昔から政治家の失言問題は後を絶たず、いろいろな場面で問題になってきたものです。それは、勘違いや勉強不足などが原因で起きたものなら、まだかわいらしいものです。

今回の失言は、このようなかわいらしいことが原因とは到底思えません。この人の意識の中に組み込まれていたとしか思えません。この年代の人には、多かれ少なかれ女性に対する偏見の意識が存在することは論を待たないでしょう。

しかし、国民に選挙で選ばれた政治家です。そのような失言を行うこと自体、その人の政治家としての適正を疑います。こういった政治家は他にも多数いると思います。国民の論理ではなく政治家の論理で行動している政治家ばかりといっても過言ではないでしょう。

こういうことがあると、いつも思います。公務員の削減、省庁の再編等歳出削減に取り組むと政府は言っていますが、それは当たり前のことで何を今さらです。しかし、公務員の数の削減は、むやみやたらに進めれば、国民生活に直接影響が出てくることも十分予想されます。慎重ににやって欲しいところです。

ああ、どこかに「国会議員の数を削減しなければならない」と発言する政治家はいないのでしょうか。国会議員の数を大幅に減らしても、国民生活には大きな影響が出るとはあまり思えないのですが・・・・・・・・・。

今日は、とてもいい天気で暖かかったですね。最高気温も14度を超えたようです。今年1月のこれまでの平均気温は、平年の3月並、2000年の1月も平均気温は3月並だったそうです。このような冬は、3月の入ってもだらだらと寒くて、天気が悪くて・・・という可能性が高いんですよね。

Resize0051 今朝は、冷え込んで霧が出たので、我が家の庭のドウダンツツジが真っ白になっていました。Resize0050_4

フラッシュを使ったために、白い枝が目立っています。

夕方はとても穏やかな感じで、朝の寒さが嘘のよう。白山連峰が真っ白です。

今日の朝・・・・

今日土曜日の朝、雨がよく降っているので、ハッピー(犬)の散歩はあきらめてシッコとウンチだけさせて、玄関口で朝ごはんをやっていました。

玄関口の黒いタイルのところにふっと目をやると、シャバシャバのあられが・・・・。あられと言っても、食べるあられではありません。白いつぶつぶの、冷たい、空から降ってくる、あのあられです。Resize0015

ほぉ、珍しいなぁ・・・なんて思って、停めてある車のところへいくと、少し積もっていました。年末には雪が少し積もりましたが、そResize0014 れ以来積雪はなかったので、これでも、あぁ珍しいなぁ・・という気持ちでした。いつもなら、この時期はうんざりと言うところなのにね。Resize0016

昨日、テレビの天気予報で言っていました。福井県地方では、観測史上最も少なかった一冬の降雪量(融けてしまった雪も積もったとして計算したもの)は65㎝だということです。

では、今年は今の時点ではどうでしょうか。15cmと言うことでした。これからも降雪はあまり期待できない中、史上最低を記録するのではないでしょうか。

今日という一日・・・・

相変わらず穏やかな日が続いています。今日は穏やかに明けて、日中は晴れ間が見え、久しぶりに夕暮れ時が良い一日でした。今日から明日にかけても晴れの予報です。

Resize0044 今日の朝の空Resize0045

←今日の夕暮れ時Resize0046

←今日の夕暮れ時② 

Resize0049

雲が多いので一部分だけが照らされている。

我が家のペットたち・・・・・

我が家のペットたちといっても、犬のハッピーとうさぎのぴょん吉の1匹と1羽です。話のついでですが、うさぎは何で1羽2羽と数えるのでしょう。知っておられたら教えてください。

犬のハッピーは、今年の4月で9歳になり、もう高齢犬です。家に連れてきた時は、一晩だけクゥンクゥンと寂しげに鳴いていましたが、あくる日の朝は僕が起きてくるのを待っていたかのようになついてきました。人間との長い歴史からつくられた遺伝子のなせる業でしょうか。

Resize0043

それからは、朝晩の散歩と餌やりは僕の日課となって、我が家の主人はパパ(僕のこと)だとしっかり認識しているようです。他の家族の言う事は聞かなくても、パパの言う事はピシットきいてくれます。以前、10日ほど入院したときも、精神的にぶれたようで、おしっこをちびったりしたので、年のせいかと思いきや、パパが戻ってからはぴったりとちびりはなくなりました。家族から言われます。「ハッピーはパパ命やね」と。そんなハッピーですが、ぴょん吉が家に来てからは、気のせいかよく甘えるようになったように思えます。まぁ、ハッピーにしてみれば、自分より大分小さいからだのうさぎなので、あまり相手にしていないようにも見えますが・・・・・・。

うさぎのぴょん吉は、まだ1歳くらい。公園に捨てられていたのを、ひょんなことで引き取ったのが、昨年3月。正確な年齢はわかりません。

うさぎは、とても繊細な動物らしく、温度管理などに気を使うし、犬のようになついてはきません。何でもすぐにかじるので気をつけないと大変なことになります。ケージで飼っているのですが、一日のうち30分ほどは運動のために部屋に出すのですが、油断すると何でもかじるので、柱の角などにはぎざぎざができてしまいました。Resize0042

どうしようかと思うくらいなつかなかったぴょん吉ですが、去年の秋くらいからは僕たち家族の動きに注意を示すようになってきました。夜寝るときには独りぼっちになるのが寂しいのか、気を引こうと暴れたりしています。部屋に出したときも、こちらが知らん顔していると鼻でつんつんつついてきたり、僕の足の上を平気で飛び越えていったり、足の周りをぐるぐる回って遊んだり、垂直にジャンプしながら部屋を飛びまわったりと、お互いに違和感がなくなっています。

犬のように顔や目の表情はほとんどないので、そっけないうさぎですが、慣れてくるとかわいいもんです。

こんなペットですが、僕たちはペットとして「飼っている」という意識でいるわけですが、ペットたちにしてみれば、自分の命を僕たちに預けているわけで、想像できないくらい飼い主というものは大切なものなのかもしれません。

くれぐれも、裏切らないよう大切に飼ってあげたいものです。(^0_0^)

C22702_1  かなり暗めに撮った雲の写真です。なんか怖そうに見えませんかぁ。

雑感です・・・・

デザイン、また替えてしまいました。これの前のは、黒基調で色味としては気に入っていたのですが、全体的に窮屈な感じで見づらいので、また替えてしまった次第。

年賀はがきのお年玉抽選、切手シートが2枚でした。以前、37bonさんの投稿記事を見て、抽選結果を見ていないのに気づき、あわてて確認しました。例年より少々成績が悪いかなぁっていう感じですが、坊主だったという人の話も聞いているので、まぁこんなもんかなぁ・・・・というところです。

今日、郵便局で交換して来たのですが、印刷ミスのはがき、印刷済みで余ったはがきが20枚ほどあったので、それも80円切手と交換してもらいました。

宮崎県知事選挙でそのまんま東さんが当選しましたね。参議院議員選挙ならあり得る話と思っていましたが、地方の知事選挙であってしまいました。お笑い色はかなぐり捨て、地元の支援者とともに地道に草の根で支持を訴えてきたそうですし、マニフェストも素晴らしいものをつくり、かつ知名度もあるので当然といえば当然なのかもしれません。

しかし、それだけではないということを直感的に感じたのは僕だけでしょうか。宮崎県民の政治家に対する不信感の現われで、きれいな政治、しがらみのない政治、庶民のための政治、閉塞的な政治の打破を切に願う気持ちの現われではないかとも思うのです。

それは、前宮崎県知事だけでなく、国会議員をはじめ、他の都道府県知事、議員等、私利私欲に走る政治家に対する批判でもあるわけです。

まぁ、批判されるべき政治家は一部なのかもしれませんが、上ばかりを見ないで、社会の底辺もちゃんと見て、バランスのとれた政治をして欲しいものです。

この事は、これから年寄りがどんどん増えて行く時代には特に大切で、へたをすれば美しい日本どころか、世界一貧しく、汚く、危ない日本になってしまう危険がある事を認識して欲しいです。

2 以前に旅行した大分県は別府の写真。78_1 左は、「血の池地獄」、右は別府市内の夜明けごろの写真です。温泉からの蒸気がふつふつと吹き上がっています。

この週末は・・・

明日は大寒の入りです。2月4日の立春までは一年で一番寒い時期なのです。といっても暦の上での話ですが。

今年は暖冬であることは間違いないのですが、それは日本付近のことで、北極には十分な寒気が蓄えられていて、アメリカなどでは寒波で大変なところもあるようですね。

地球規模でみれば、地球の温暖化のせいや・・・・なんて騒ぐ必要はなくて、単に日本が寒気の南下先になっていないだけかも知れません。

それにしても、今日は穏やかな日で、Resize0040_1 夕方は久々に雲の写真を撮ってみようという気になりました。Resize0039_1 土曜・日曜も日差しが期待できそうです。 やれなかったことをやる絶好の日和となってほしいですね。

明日は、雨どいのちょっとした修理、犬のハッピーの犬舎の掃除と乾燥、うさぎのぴょん吉のケージの大掃除が待っています。

でも、天気がよければ、外で体を動かすのは気持ちもいいし、体にもいいし、結構楽しいですよね。

Resize0041

お花をひとつどうぞ。春の野の花です。

冷たい雨・・・・・

今日は、午前中は穏やかな天気でしたが、午後からは本格的に雨になりましたね。しかも、ちょっと冷たい雨。

今年は、これでも暖かいということなので、あまり文句は言えませんが、天気のいい日が続かないのが少し悲しいかなぁ。犬の散歩、洗濯物干しなどすべての場面で、ジメジメベタベタはちょっとストレスです。

昨日は、仲間との月に一度の飲み会でした。天気もよく、比較的暖かい日だったけど、片町の通りは相変わらずの寂しさでした。まぁ、飲み会といっても、飲みながら食事をして、たわいない話をして、2次会では唄三昧・・・・・・というところで、何も変わったことはないのですが、月に一度で、しかも利害関係のない気楽な仲間ということで、いつも癒されて帰宅しております。

Resize0037 昨年の夏に家族で行った宇治の平等院。

学校の修学旅行で行っているはずなのですが、全く記憶がなくて、初めて訪れたという感じがしてました。

まぁ、40数年前のことなので、記憶になくても仕方ないかなぁ。

裁判の傍聴・・・・・

平成21年度から裁判員制度がスタートします。『国民の皆さんに裁判員として刑事裁判に参加してもらい、被告人が有罪かどうか、有罪の場合どのような刑にするのかを裁判官と一緒に決めてもらう「国民の司法参加」を実現する制度です。』ということです。

全ての刑事裁判に参加するわけではなく、悪質な特定の事件ですが、全くの素人に果たして裁判ができるのだろうとか、裁判員としてふさわしくない人が選ばれたらどうなるのかとか、いろいろ不安や危惧の声が聞かれています。

裁判は、裁判官3人と選ばれた裁判員6人の計9人の合議制ということです。福井県内では、裁判員が参加する事件は年間10件前後、一生の内に裁判員に選ばれるのは219人に1人ということらしいので、まぁあまり心配するほどのことはないみたいですね。

突然こんなことを・・・・とお思いでしょう。実は、福井地方検察庁が、昨年、裁判員制度の広報や一般の人からいろいろと意見を聞きたいと言う事で検察モニターを募集していたので申し込み、昨日裁判を傍聴したり、意見を言う機会があったからです。

傍聴した裁判は、将来裁判員制度の対象となるものではなく、恐喝未遂事件でしたが、ドラマにあるような格好のいいものではなく、どろどろとしていてあまりいいものではなかったです。裁判が終り、被告人が戻るときも、手錠はもちろん綱でつながれて連れて行かれる姿もいいものではありません。

もし、殺人事件や性犯罪等の事件だったら気持ち悪くなる人も出てくるのではないでしょうか。

さて、昨日は、頼んであったケーキが届きました。ワッフルケーキです。ワッフルケーキの店R・L(エール・エル)のケーキで、関西を中心に関東、中京、九州に店舗を展開しています。Resize0036

以前、一度取り寄せて食べてみたらおいしかったので、また家族の評判もよかったので、また注文しました。

写真の上のものは、プレーン、チョコ、はちみつ、ゆず茶、やきりんごなど20種類ほどあり、そのうち8種類が詰めてあります。いろいろな味が楽しめていいです。

もし、よろしかったら・・・・・・・・・・。

http://www.rakuten.co.jp/rl-waffle/index.html 

ああカツ丼・・・・

先の土曜日・日曜日は家のこと、自分のことと行事が続いてブログをやっている時間もないくらいでした。

そんなわけで、日曜日の夜は出前を頼んでの夕食。そう、福井では昔から「洋食屋」として庶民に親しまれている「ヨーロッパ軒」。といっても近くの分店ですが。

「ヨーロッパ軒」といえば「カツ丼」、それも「ソースカツ丼」です。ソースカツ丼は、今では全国的にもぼちぼちと取り扱っているところがあるようですがまだ珍しいものではないでしょうか。まぁ全国的には「カツ丼」といえば卵かけのことを言いますよね。

うちの家族は、ヨーロッパ軒が好きで、それも敦賀のヨーロッパ軒が好きで、以前は月一くらいで家族で敦賀まで食べにいっていました。ここなら皆、何一つ残さず、綺麗に食べつくして帰ってきます。

日曜日の夜は、ヨーロッパ軒でも「カツ丼」ではなく、「パリ丼」(ミンチカツ丼)を食Dscn1128_1 べました。「カツ丼」もうまいけど「パリ丼」もたまらないです。右の写真が、日曜日に食べた「パリ丼」^_^;

僕は、この類の物が大好きで、一昨年、肝炎の治療の薬の副作用で全然食欲がなかった頃、これだけはうまいと思ったものでした。若いときは、敦賀のヨーロッパ軒でカツ丼を2人前食べたこともありました。敦賀のヨーロッパ軒は、丼が大きくてご飯がどっさり入っているのが特徴で、さすが2人前は堪えましたが・・・・。

昔、東京から来られたお客さんを案内して敦賀にいったとき、昼食をヨーロッパ軒でとりました。本来なら「Aランチ」でしょうが、店の人が注文をとりに来た時そのお客さんが「ここの自慢はなんですか」と問い、店の人は「はい、カツ丼です」と答えたことから、カツ丼になってしまいました。でも、そのお客さんは一口二口食べると「おっ、これはうまいですねぇ」としみじみ。

まぁ、福井の人なら知っていると思いますが、一度は食べてみてほしいもののひとつですね、ソースカツ丼は。

Resize0010 薄日差す冬の九頭竜湖

(福井県大野市の岐阜県境で、ダム建設によってできたダム湖)

久しぶりでした・・・・

昨日、知り合いの家のお通夜に越前市の今立まで行ってきました。

昔、今立に職場があったこともあって、当時通いなれた戸口トンネルを通って行きました。夕方6時過ぎだったので、真っ暗で雨が降っていて視界は悪かったのですが、なんとなく昔を思い出して懐かしかったです。

福井から今立に行くには、いくつか道がありますが、戸口トンネルを通るのが時間的に一番近いようです。Ws000001

この、戸口トンネルには、昔、幽霊がでたと言う話がまことしやかに語られていた時期がありました。夜中に、空のタクシーがトンネルを走っていると若い女の人が手をあげるので、止まって乗せた。走り出して行き先を訪ねると後部座席には誰もいなく、シートがべったりと濡れていたとか。

まぁ、こんなような話はあちこちで聞かれ、誰かが作ったものだろうと思いますが、今立まで通っていた当時、残業で遅くなってトンネルを通るときは少し気味が悪いときもありました。でも、変なことは全くなく、いつも無事の通過でした。僕って霊感はないのかも・・・・。(-。-)y-゜゜゜

B68933 能登半島 恋路ヶ浜にて黎明

いらっしゃぁ~い

フォトアルバム

ちょっと覗いてみてね

我が家のペット

  • ケージでくつろぐぴょん吉(少し眠たい)
    我が家には、犬のハッピー(ゴールデンレトリバー10歳・メス)とうさぎのぴょん吉(うさぎ推定3歳・オス)がいます。ぴょん吉は2006年春に捨てられていたのを偶然に飼うことになったため、正確な年齢は不詳。

更新ブログ

Powered by Six Apart